岡坂弘毅 オペラ歌手

オペラ歌手岡坂弘毅が気になった事

息子はモデル

息子はキッズモデルをやっています。

どうだ!凄いだろ!

 

と言う事ではなく、楽しんでる息子の事と

状況を書こうと思います。

 

別に何か言われたという訳ではありませんが、

最近本当に楽しそうに進んでやりたいと言っているので応援してます。

 

モデルやりませんか?

と声をかけて頂き、事務所にお話しを聞きに行き

田舎者の僕には未知の世界でしたが、

少しお仕事できて思い出作りになればと

始めました。

 

土曜日を中心に朝早くにレッスンもあります。

時々平日もあります。そこでオーディションの様子を教えてもらったり、自己紹介の練習などします。

 

始めた時は4歳でしたので、とても難しいことをやるのだなと思っていましたが、楽しんでました。

そして事務所のお陰や運、そして息子の頑張りもあって、少しづつ写真やCMのお仕事もさせて頂いています。

 

オーディションを受けて、良ければお仕事。

撮影などします。

これは僕らのやっている事と同じです。

 

そして、オーディションや撮影などは

先方の気遣いも整っていて、とても気持ちよく

現場での予定が進みます。それはその現場の方が本当にいいものを作って世に出そうとしてるからです。

わかってないかも知れませんが息子はその中に入り本当に場に馴染んできちんとやっています。

 

息子は最近、お友達に、

この本に出てるから見てね。

と言う事があります。

 

考えてみたらこれも僕らと同じで

今度この公演に出ますので

いらして下さい。

 

同じです。

 

息子はレッスンの先生の教え通り、

本を読んだり、カメラを見る練習をしたり、

オーディションがあれば

その練習をしたりとそれに向かって頑張っています。もちろんそれだけでなく

好きなゲームも、遊びに出たりもたくさんやってます。

 

頑張って練習したから見てほしい。

それはそうです。

 

事務所のお世話になっている先生のお言葉で、

スポーツや、勉強など小さい頃からやって出来るとすごく褒められたり認められたりしますが、

この、芸能という分野はまだあまり、認められません。小さい子供に仕事をさせて、とか思われたりもしますが、芸能という分野なだけで、頑張ってそれに向かっている事はサッカーだろうが

将棋だろうが同じ。それをやるために努力して、勉強して頑張ってるんです。

 

今回のオリンピックを見てても16歳くらいで、

プロでお金を貰ってやっているスノボーの選手もたくさんいます。その選手も4歳から始め!とかエピソードがあります。

早くから始めたから絶対プロとかになる様、続けなければならない訳ではありません。

そしたら、少年サッカーをやってる人は全員プロにならなければならない。

 

その世界にいる息子も、それが楽しい。

やりたいと頑張って言っています。やりたいと言ってる限りはどんどん応援しようと思っています。

 

店をうろつくが

今日は一日、教える日だったのですが、お休みなどで少し時間がありました。

 

そんな時は練習が心置きなく出来るので、

歌うのですが、流石に何時間も歌って

声を使いきってしまうと

夜来られる生徒さんに申し訳ない。

なんて偉そうに思って、

 

まず、軽く譜読みや暗譜をして、何度か

繰り返しいい感じになったので、休憩がてら、

散歩にでました。

 

ユニクロ、無印、ムラサキスポーツ、

ビッグカメラと何でもある藤沢。

 

コーヒーはもう飲んだし、寒かったので、

OPAに入り、うろうろしながらエスカレーターを

登りました。

 

オリンピックもやってるし、何となくムラサキスポーツへ。スノボーなどの服やグッズが並んで、

 

おお!こんなのに乗ってるのかー!

なんて思いながら、軽く服を見ました。

 

もともと買う目的ではなかったので

本当に見るだけでしたが、

今は服あるしいいや、

とすぐお店を出ました。

 

この時点で教室をでて役10分。

んー、

 

もう帰って来た。となりそうだったので、

ビッグカメラにも行ってみました。

 

欲しいものも別になく、エスカレーターを登りながら、

 

お!ブルートゥースのイヤホン。

お!骨伝導のイヤホン。

 

高い!

 

ゲームコーナー。

 

ドラクエやりたい。

まあいいか。

 

と思ったら、やっぱり帰って練習しよ!

 

となり、そのまま帰って結構練習しました。

 

気分転換にはなりましたが、

あんまり、出ても今日は何もなかったかなー!

 

大人しく練習しとけば良かった。

 

 

 

メリー稽古 ストーリーについての話し合い

最初からの流れを掴むために

通しています。

 

そしてつまったところや、納得できないところなど

改善を出演者で話して作っていっています。

 

皆様もう慣れてきているので、たまには

間違えたりしますが、そんな事はどうでもよくて

出てくるアイデアや、元からあるものに

それぞれ足して上手くいくものといかないものを

考えて足したり引いたりしました。

 

今日は出演者の正木さんが全体を見て気になるところを僕に凄く投げかけてくれて、もっとわかりやすく見えるように話し合いました。

 

正木さんは以前の横浜ビール公演の

こうもりを演出、台詞の作成をやってくださり、

そのこうもりは伝説の公演と言える、

本当に素晴らしいものでした。

 

今回のメリーウィドーも日本語上演、台詞ありですのでこうもりの様に自由度があります。

 

今日は、正木さんの観点でより良い方向に進める事ができた、稽古になったと思います。

 

キャストの性格や声などが今回もかなり生かされているので、そのまま放置していても良いものになっていきます。それをさらに生かすために、

ここでこの様な台詞や、動きを足せばもっと

良いのではないかと、お願いしてみると、

一発で欲しいものをくれる、皆様。

 

本当に頼りになる共演者です。

 

f:id:okasakahiroki:20180222001314j:image

 

稽古の進みが早かったのでどんどん足せるものが増え楽しくなっています。

 

僕もそれに乗って、自分からも

全体も良いものになるよう考えていこうと思いました。

 

f:id:okasakahiroki:20180222001514j:image