読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岡坂弘毅 オペラ歌手

オペラ歌手岡坂弘毅が気になった事

吹奏楽カルメン@声の変化

f:id:okasakahiroki:20170116115920p:plain

 

人生初のホセ役です。

 

全曲演奏ではありませんが主要な重唱、アリアは歌わせて頂きます。

 

きっと周りの意見としては

 

「岡坂のホセ?なにやってんの?軽いでしょ、合わないでしょ」

となるでしょう。僕もそう思います。

 

でもせっかく頂いたお話しですし、自分で企画して自らやることもないですし、

あと歌手人生で歌うことはないであろうオペラ カルメンのホセ役を

楽しんで頑張りたいと思います。

 

カルメンというオペラは藤原歌劇団、準団員になってスクール公演の合唱で

関わらせて頂きました。日本語で抜粋とはいえ40回くらい合唱を歌いました。

本当にいい経験です。

それがなかったら今回の進み具合も全然違っていたと思います。

 

そしてついに初の殺す役ですね。

僕のレパートリーとして王子様が最後にめでたしめでたし。

田舎の青年が恋をしてめでたしめでたし。

椿姫ではヴィオレッタの死をみて嘆く。

ルチアでは自分の自殺。

 

新たな境地ですね。

 

こうやって少しづつ新しいことが増えるのはとても楽しいです。

 

初日は音楽稽古、2回目で吹奏楽の方と合わせました。

 

録音して聞きましたがやはり軽い、いつものレパートリーより高音がないので

歌いやすいですがこれが演技が入るときっとまた新たな課題が増えるでしょう。

そして吹奏楽の音量に乗せられて頑張ってしまうとか色々ありそうで楽しみです。

 

本番に向けて楽しみます。

 

去年、一昨年と歳のせいか若さに任せて気合いで歌うがはまらなくなったのか

思う様に声の出ない時が続いてました。それでもだましだまし何とか整えて本番を

こなしまた練習して考えて歌っていました。本当につまらなかったです。

何も考えず朝10時から気合いで歌って、無理もできてが、だんだんとできなくなり

今まで出していた高音も出るかわからない。

 

考えて練習して馴染んできたんでしょうか、最近やっと落ち着いて声が出る様になってきました。でもこれも成長でしょう。考えて声を出して、悩んで。

 

気合いで考えず出していた声よりも今の方がいい声になったと感じています。

レパートリーを守って追求してはいいかもしれませんが僕はもう楽しく

考えての方ですかね。全く合わないものもありますが。何事も経験。

やりたい事をやっていきます。

 

これからも考えて楽しくがいいですね。