読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岡坂弘毅 オペラ歌手

オペラ歌手岡坂弘毅が気になった事

サッカーを見に等々力へ

今日は奥さんのご家族と等々力へフロンターレサガン鳥栖を見に行きました。


一応僕は小学3年生の時、学校のサッカークラブに入り、中学は市のチーム、高校は同好会とやっていました。

全然上手ではありませんでしたが、好きでしたし、
何と言っても高校の時にJリーグが始まったので、ドーハの悲劇、は高校生、初めてワールドカップに出た時は大学生で、夜中見てたりとか、やるのも見るのも好きでした。

今はJリーグもチームが増え、全然ついていけてないですが、日本代表の試合や、正月の高校サッカー、天皇杯など見ます。

生でサッカーを見るのは久しぶりで、感想から言うと、とても楽しくて感動して、また機会があれば行きたいと思いました。

朝、仕事をして、15時キックオフ等々力、小杉に着いたのが14時半で、まずは会場に行かねばと思ったら、駅にはたくさんのサポーター。バスがあると聞いていたので探そうと思っていましたが、そのたくさんのサポーターについて行くと直ぐにバスに乗れました。

会場に着くと競技場に入るまでにたくさんの出店、とても美味しそうなものが並んでましたが15分前で初めての場所でしたので、とりあえず先に着いている奥さんの居場所を目指す。

入り口もあたふたしながら、探して入り、入ってからもたくさんのお店。祭りだな!

キックオフには間に合って試合開始!凄い迫力!
サポーター達の太鼓の大きな音、大きな幕が頭を通過、とても広く開放感のある会場で、試合が進む。

試合中もお客様は立ち上がって食べ物、飲み物を買ってきたり、自由!

そして審判のジャッジにもの凄いブーイング、いいプレーに拍手、点が入るとみんな立ち上がる。自由な割に凄い一体感でした。

こんなに迫力があり、楽しい、なんと言えばいいのか、興行?出し物?

こんなにたくさんの人が夢中になり、みんなで楽しめるなんてなんて素晴らしい事だろうと感動しました。

自分も歌手で、人前に出る仕事をして、お客様を相手に自分を表現しています。

こうならないかな!このお客様の100分の1でも、
コンサートなどに来てくれないかなとか、

そんな事も改めて考えてしまいました。

今日のサッカー観戦は本当に勉強になりました。
とても好きなスポーツでテレビでは何度もみて、楽しんで、でも生で実際みて、本当に素晴らしいと感じて。

今は何でも上手く作れて、発信できますが、生で表現し、直接人を感動させる事には敵わないですね。