読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岡坂弘毅 オペラ歌手

オペラ歌手岡坂弘毅が気になった事

偶然見つけた懐かしいお化けの話

最近は簡単に昔懐かしいものが見つけられる時代。

ネットで検索していると現在38歳の自分が小学生の頃大ブームになった


キョンシーの映画を見つけてしまいました。
38歳、既婚、子持ちのおじさんが書くのはちょっと
と思いましたが、なんとなく見てたら、懐かしさ全開で見てしまいました。

来来 ! キョンシーズ DVD-BOX/アット・エンタテインメント

¥12,312
Amazon.co.jp

今の人たちは、なんじゃこれ?ってなるかもしれませんが当時はキョンシーゴッコなるものが大流行り。
霊玄道士、と幽玄道士があって、多分ちょっと子供にはテンテンたち子供が出ている幽玄道士の方が流行ったかな。

子供会のソフトボール大会で地区のチーム名をつけるのにうまく決まらずキョンシーズにしたのも
これを見て思い出しました。

キョンシーって死んでる人。硬直してるからあんなポーズでまっすぐ。
それを操つったり、恨みが多くて、凶暴になってしまったもの、悪い道士が呪いをかけて、わざわざ
凶暴にしたもの、中には仲良しになるキョンシーまで、様々で面白かったです。

その凶暴になったものを退治するのに墨つぼやもち米、動物の血、など駆使して退治、
そしてその動作にかなりの激しい方を披露してくれます。

そんな珍しい目を引くものがふんだんに使われていて子供の頃は心が躍ったんだろうなー!


今見ると話の内容は持って行き方に無理があるし、噛まれたのにすぐ死ぬ一般市民、
噛まれたのに粘って治してもらう主要キャスト、矛盾がいっぱいだけど、毎週ビデオに録って
何回も見て、ゴッコをしてました。

これを機会に他のシリーズも探して、見てみよっとニコニコ