読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岡坂弘毅 オペラ歌手

オペラ歌手岡坂弘毅が気になった事

歌う声って!

オペラ歌手として歌っています。大学3年生で何となく声楽に変わり、始めました。そしてハマりました。

 

自分が最初にオペラにハマった時はそれはそれは、

毎日大学の図書館に行き、時間のある限り映像を見て、楽譜を見て、とずっとそれに時間を使っていました。

 

その時の自分のその情報量はとても多かったし、今でもその時の事はたくさん覚えています。

そして自分はそんな上手で一般的ではない、オペラ歌手の声に感動して、そんな声が出したい!

が一番になりました。音楽、作品の背景、言葉の深い意味、など大切な事はたくさんあると思いますが、初めてオペラや、声楽のコンサートをみたり聴いたりする聴衆はまず歌手の声を聞きます。

 

普通の人に出来ない凄い声が出したいとずっと思い

今でもそうやって練習してます。

 

そして、今、色んな方と一緒に歌い、一般のオペラ団体の方、生徒さんなどたくさんの方に会い感じる事は、この方たちよりできる事は声が少し出るだけ。あとは舞台の経験ですね。でもその少し声が出る様になること、その経験が人前で歌う事はもちろん、自分で練習していてもとても大切だと感じます。

 

オタク!

 

ゲームオタク、鉄道オタク、

 

音楽でもその道の詳しい方は、生き証人の様に過去の演奏なども聴き、知っています。本当に好きという事、それを続けられる好きな事。凄いです。

 

今や、上手い!凄い声!そんなものは好き好きで、

点数のつかないオペラの声、

 

100人いたらそれぞれの感じ方も違う声。

 

今は直接聞く凄さは一番ですが、youtubeなどで過去の凄い映像や録音などすぐ聞けます。

 

正解のない声の分野、

 

言えば自分の満足できる声にどれだけ近づけるかが

一つの課題ですね。

例えそれがどんどんできる様になっても一般には受け入れられない事もあるでしょう。でもそれを好きになってくれる方もいます。

 

そんな分野ですが、自分の理想の声に近づき楽しく自己満足したいですね。

シェラトンホテルでお食事(^^)

奥さんのお仕事がひと段落し、とてもきちんとお仕事出来たという事で奥さんの働いている会社の社長さんがお疲れ様会として、お食事に僕と息子も一緒に連れて行ってくださいました。

 

横浜シェラトンホテルの鉄板焼きのお店、横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ 公式サイト

 

シェラトンホテルは自分の歌のお仕事で、

パーティー中に歌わせて頂いた事があるくらい。

 

ロビーからとても綺麗、

 

そして28階で眺めとても良さ!

 

ありがたい。

 

田舎育ちの自分は昔、おじいちゃんが鉄板焼きに行きたいと一度行った事がある程度。

 

その頃は小さかったので鉄板焼きは

お好み焼きだと思っていました。

 

そして今回とても上等なコースを頂きました。

 

お店の人も丁寧、ワインとっても美味しい。

 

前菜、スープ、香草焼き、何とも珍しく美味しい。

 

そしてお肉もとっても柔らかく、食べるのがもったいないくらい、美味しい。

そしてご飯は梅チャーハン、半分食べたら、お茶漬けにして頂き、サッパリ。

 

デザート、コーヒーも最後までとても美味しかったです。

 

場所は駅チカ、景色は28階でとても良し、お店の方の感じもとても気持ちがいい。

 

一つ思ったのは他にいたお客様は割と歳をとられた方と派手な方。

 

うーん!何かに似てる。

 

あっ!

オペラのお客様と同じ、

 

平日夜でたまたまだったかもしれませんが、そう感じました。

 

シェラトンホテルであれだけいい雰囲気、お食事も美味しい。値段ももちろんある程度するでしょう。

 

そんな場所はやっぱりそんな客層なのかな?

 

自分の主催する公演も、大劇場もオペラというイメージがそんなホテルのお食事と同じなのでしょうかね?

 

シェラトンホテルはそのイメージ、客層で行ってると思うのでバッチリでしょうが、オペラとか、お客様は常に満席とはいきませんし、毎日やっているわけでもないし、需要も昔よりは減ってるでしょうね。

 

またこのままの状態で昔の様にオペラの賑わいを戻すことは無理でしょう。

 

芸術、文化、ですが、人はたくさん必要、お金もかかる。

 

そんな事を考えながらどうやったら自分が楽しめるかなーと!

 

とても違う刺激を頂きました。

 

仕事場の雰囲気@見学

今日は自分の仕事とは全然関係のない、第一線の仕事場を見る機会がありました。

 

スタッフの仕事の早さ、気遣い、確実性、どれをみても無駄なくきちんとしてて、しかも感じ良く、気持ちよくまわっていました。

 

怒鳴り声など飛ばず、みんなでその仕事を楽しそうにこなし、真剣で本当に気持ちの良い現場でした。

 

自分も今、主催公演もあり、歌手として企画に参加することもあり、たくさんの現場に関わらせて頂いてますが、全部が全部、残念ながら良い雰囲気の現場とは言えません。

 

何がスタッフをそうさせるのか、どうやればそんな良い雰囲気の現場を作れるのか、

 

またたくさん考える事が増えます。

僕も主催する時はそんな良い現場を作れるように、

一員として、入る時は協力して、良い雰囲気を作れる人になりたいと思って帰ってきました。